ち○○で楽しむ異世界生活

著者:

 わりとホワイト目な企業に務めていた鍬物アラヒトは、痴情のもつれによって路上で刺される。
 わりと楽しく暮らしてそれなりの女性経験もあり、あんまり現世に執着のないアラヒトだったが、死を前にして一つだけ心残りを思い出した。
 アラヒトは憧れの金髪碧眼といちゃつく楽しい夜を過ごしたことが無かったのである。
 金髪碧眼を末期の言葉として死んでしまったアラヒトは、その金髪碧眼が暮らしている世界へと転生する。
 転生先の国はあまりにも貧弱にして、あまりにも人間が美しすぎる小国だった。
 物語はアラヒトとアラヒトのち○○によって始まる。
 規約違反になってなければいいけれどなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました