前世で薬師だった令嬢は、今度こそ愛する人を救いたい

著者:柚木ゆず

 前世で悲しい別れをしてしまった、薬師のフィアナと画家のルシアン。かつて夫婦だった二人は現世で令嬢ソフィアと王太子アシルとなり、もう一度婚約を果たしていた。
 ところが再び別れの影が忍び寄り、アシルは原因不明の病に侵されてしまう。
 しかし今回は前世の想いが、フィアナの時の記憶を――薬師の知識を蘇らせ、病気ではなく微量の毒を盛られ続けていた影響だと見破る。
 そうしてソフィアはかつて世界一の薬師といわれた実力を使い、愛する人を守りつつ毒を盛った犯人を探し始めるのでした。
※明日(3月26日)からはアシルの記憶編が始まります。
※土曜日の夜まで私事で慌ただしくなるため、投稿間隔や文字数に影響が出る場合がございます。お許しください。

前世で薬師だった令嬢は、今度こそ愛する人を救いたいのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました