生贄少女と鬼の頭領

著者:無名の卵

由緒正しい家庭に生まれた2人の姉妹
両親が愛を注ぐのは、妹だけ
姉は見向きもされない、愛しても貰えない
それでもずっと待っていた、幸せになれるのだと
その思いは意外な形で叶うことになる
その一方で姉の消えた家で ” 天王寺家 ” を背負う事になった妹は、親の過大な期待によるプレッシャーに押し潰されそうになる。
日々の暮らしに嫌気が差し家を抜け出し森へ来てしまった妹が見たものは、美麗青年と消えたはずの姉、妹真緒は…青年に恋をしてしまうのだった…

生贄少女と鬼の頭領のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました