業火に躍る堕落のサンサーラ

著者:氷景菫莉

神々の世に住まう青年は現世に居る形式だけの妻、寺院の踊り子こと神聖娼婦のシュリーに興味を持った。現世に降りた彼はシュリーに接触して二年。二人は相思相愛になったが、シュリーは藩王の後妻として娶られる事となる。彼はシュリーの記憶から自分を消し去って元の世界に帰った。それから三年後、藩王が急逝。シュリーは寡婦焚死の儀を強要され……
 
しかし、死んだ筈のシュリーは絢爛な部屋の中で目を覚まし、見覚えのある青年に出会う。
「俺はお前の最初の夫だ」そんな事言われても信じられない!
麝香香るエキゾチック・ヒンディー 
神様×踊り子 ファンタジーロマンス

業火に躍る堕落のサンサーラのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました