神速詠唱の最強賢者《マジックマスター》~魔法狂の異世界無双。誰もついてこれない~

著者:相野仁

ミノルはアニメと漫画が大好きだった。
特に魔法の呪文を暗記して詠唱するのが大の得意で、見たことがあるアニメ、マンガに出てくる詠唱はすべて暗記していた。
そんな「魔法マニア」のオタクミノルはある日異世界に転生してしまう。
そこは彼が憧れた魔法が栄えている世界だった。
彼は大喜びで魔法について学び始める。

その世界で魔法は呪文の暗記と詠唱が必要になるのだが、
ミゲルは魔法オタクの真価を発揮して、長い詠唱が必要になる
強力な魔法を次々に覚えていく。
さらに前世で毎日呪文を唱えていたおかげで、他人よりも詠唱スピードは速かった。
暗記力と詠唱のスピードで他人を圧倒し、

「よおし! どうせなら、この世界の魔法を全部覚えることを目標にするか!」

気をよくした彼は魔法の呪文書を読み漁り、さらに新しい魔法を探し求める。
いつしか彼は神速詠唱のマジックマスターと呼ばれていた。
これは転生した魔法オタクが未知の魔法を求めるロマン、
そしてそれに振り回される異世界人たちのコメディ(予定)。

神速詠唱の最強賢者《マジックマスター》~魔法狂の異世界無双。誰もついてこれない~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました