どうやら王太子殿下にストーカーされていたようです

著者:佐野 雪奈

ルペリオ暦632年4月12日

バルテッド王国王太子妃であるロゼリアは、望まれない妃だ。

ロゼリアの夫であるディートハルトは、ロゼリアの姉のコリンナに心を寄せており、コリンナが別の男性を愛したため、容姿の似ているロゼリアを娶っただけ。
その事実を知りつつも、ディートハルトの求婚を受け、姉の代わりを務めることにしたロゼリア。

ある日、ロゼリアは夫の日記を見つけてしまう。どうやら学園に通っていた頃から夫が書き連ねたものらしい。

罪悪感と好奇心が葛藤した末に、ロゼリアは日記を開いた。

そこに書かれていたディートハルトの真実とは――――

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました