生贄令嬢は怠惰に生きる~小動物好き竜王陛下に日々愛でられてます~

叔父一家に虐げられていた少女リアは、ついに竜王陛下への生贄として差し出されてしまった。そこではどんな酷い扱いをされるかと思えば、体が小さかったことが幸いしてリアは竜王陛下から小動物のように溺愛される。そして生贄として差し出されたはずが、リアにとっては怠惰で幸福な日々が始まった―――。
R15は保険です。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました