転生したら、泣きながら罵倒されました

「私の子供を返して!!」

それが、私が生まれてすぐに聞いた言葉だった。

転生者であると、最初から知られていたらどうなるのか……。
彼女は、何故叫んだのか……。

これは、転生者である事に心を痛めながら生きてきた……とある勇者の物語である。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました