【短編】俺は妹に脅されている。~絶対結婚すると言って聞かない妹が、小学生の頃にあげた『お嫁さんにしてあげる券』を片手に脅してくるんだが~

著者:月並瑠花

小学生の頃、俺は妹の蜜莉の誕生日に『お嫁さんにしてあげる券』というものをあげた。その時は仮にも小学生、仲良い兄妹の微笑ましい記憶の一つでしかないと俺は思っていた。
だが高校生になった今、蜜莉は本気でお兄ちゃんと結婚すると言い出した。小学生の俺が書いたはずの『お嫁さんにしてあげる券』にはいろいろと不都合なことばかり書いてあった。

そんな『お嫁さんにしてあげる券』で脅される兄と、兄が大好きすぎてツンデレのツンが消えてしまった妹の物語。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました