『短編』片思いの幼馴染に惚れ薬を飲ませてみたがいつもと態度が変わらない件について『完結してます』

著者:ケイ

 ある日、平凡な男子高校生の穗村 巧は幼馴染である川瀬 渚に呼び出される。彼女いわく、惚れ薬を作ったので効果があるか実験をしたいので飲んでほしいとの事だ。
 いつも彼女の実験に付き合い厄介ごとに巻き込まれている巧は最初はいやがるものの、結局引き受ける事になるのだが、ちょっとした間違いで渚が気づかずに惚れ薬を飲んでしまうのだった。
 しかし、惚れ薬を飲んだはずの渚はいつもと変わらない態度で……巧は不思議に思いながらデートをすることになるのだった。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました