【連載版】追放した回復術師が、ハーレムを連れて「ざまぁ」と言いに来た。

 ある日、世界の命運を背負って旅をする冒険者パーティーの勇者シロウは、チート級の実力を持つ回復術師であるクロウを追放した。
 それに対してクロウは「俺がこのパーティで一番強いんだぞ!?」と猛反対。しかし、シロウはそんな戯言には聞く耳を持たず、「はいはい、お疲れ」と軽くあしらって彼を見送った。

 そして出会ったのは、新たな二人の若い冒険者。彼らを仲間にしたパーティーの四人は、悪魔を倒すために手を取り合い、様々な人種族が共に住まう統一国家となった広大な世界の、未だ何処にあるのかも明らかになっていない諸悪の根源である魔王の城を目指して旅を続けるのだった。

 果たして、彼らは度々因縁を付けに来る事となった回復術師のチーレムパーティーと、一体どうやって付き合っていくのだろうか。そして、無事に魔王城を探し出し、世界を救う事が出来るのだろうか。

 イマドキの器用で無気力な若者タンク、アオヤ。殺意の波動に目覚めたジェノサイドアタッカー、モモコ。(仕事でだけ)リアリズムを追求するおっさん勇者、シロウ。そして、ただ宝具を扱えるだけの一般サポーターな主人公、キータ。彼らの送る、世直し系痛快ブラックコメディ冒険譚、開幕。

※この物語に登場する全ては、現実に存在する団体や個人とは一切関係はありません。

※この物語は、タイトルの通り『【短編】追放した回復術師が、ハーレムを連れて「ざまぁ」と言いに来た』の連載版です。どんな物語かを簡単に知りたい人は、こちらをどうぞ。↓

https://ncode.syosetu.com/n5640gv/

【連載版】追放した回復術師が、ハーレムを連れて「ざまぁ」と言いに来た。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました