泥団子とオルゴールと音玉と・・・

 爆発音と共に燃え盛る大きな炎の前で、ケントはある女性の名前を叫び続けていた。
 幼馴染みで、初恋の相手で、そして彼の唯一の女性の名を・・・
 
「サラーっ! サラーっ!」と……
 
 何度も火の中へ飛び込もうとして、周りの人に体を拘束され、思いとどまるように叱責された。
 
 今燃えている伯爵家の娘サラは、その婚約者のハリスツイードと昨晩結婚式の打ち合わせをしていたのだが、逃げ遅れてしまった。
 そして翌朝、黒焦げた焼跡戸に姿を現したある二人の人物に、居合わせた人々は不審の目を向けたのだった……
 
 四人の幼馴染みの愛憎劇です!
 初めてのドロドロもの(自分的には)です。最初からそれを目指していた訳ではないのですが……
 

泥団子とオルゴールと音玉と・・・のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました