チート主人公が遺した娘の話

その娘は、迷いの森の奥に住んでいた。森へ迷い込んだところで彼女に助けられた俺は、やがて彼女の出生の秘密に辿り着く。

「ま、魔法、です。お、お父さんが、内緒にしなさいって言ったんです。そ、それで、私……」

柔らかく笑う少女の顔は、息を呑むほど美しい。
ああ、なんということだ。この可憐で、可愛らしく、そして美しい少女が。

この国では殺されるべき存在だなんて。

チート主人公が遺した娘の話のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました