別邸の佯

「お飾りの妻になってください」
貧乏令嬢である私は公爵様から、そんな申し出を受けた。
公爵様は愛する女性と別邸で暮らしているらしい。
きっと、あの公爵様に溺愛される女性なのだから素晴らしい人に決まっている。
私はそう思いながら今日も、別邸を物憂げに眺める。

別邸の佯のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました