大嫌いな婚約者が理想の旦那様でした

成金令嬢クラリッサには婚約者がいる。
見目麗しく優しく優雅な佇まいの、王子様のような婚約者が。
ただ一つ問題は、クラリッサが王子様系男子が大嫌いだったこと。
あの手この手で婚約破棄しようと悪戦苦闘していたある日、クラリッサはアルバートを怒らせてしまう。
その姿は普段とは別人で、クラリッサはアルバートの本性が、王子様とかけ離れていることを知った。
そして思った。
「理想の旦那様ですわ!」

王子様系男子が嫌いな成金令嬢クラリッサと、王子様系に擬態していた貧乏ぶっきらぼう貴族令息アルバートの話

大嫌いな婚約者が理想の旦那様でしたのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました