断罪するならご一緒に

著者:宇水涼麻

卒業パーティーの席で、バーバラは王子から婚約破棄を言い渡された。

その理由と、それに伴う罰をじっくりと聞いてみたら、どうやらその罰に見合うものが他にいるようだ。

王家の下した罰なのだから、その方々に受けてもらわねばならない。

バーバラは、責任感を持って説明を始めた。

断罪するならご一緒にのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました