【完結】断罪イベントの真っ最中ですが後方彼氏面している王子様が気になってそれどころじゃない。

著者:逢坂莉未

レーナは卒業式のパーティで婚約者に婚約破棄を宣言されるが、その最中に後ろの方で第二王子が腕組をして何やら独り言をつぶやいていることに気づいてしまった。その独り言が気なってしまい冤罪の弁明どころじゃなくなってしまう。 

誰かこの状況を何とかしてください!

※アルファポリスに同時投稿しております。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました