疫病と魔物に苦しむ辺境の侯爵令嬢に転生したので、家族と領地を再生します~ナイチンゲールは夜明けを歌う~

著者:干野ワニ

 魔王領との国境地帯を治めるエルゼス侯爵家に生まれたフロルは、熱病で生死の境をさまよった12歳のある朝、前世(?)の記憶を取り戻した。大学病院に勤務する小児科看護師だったミヤコは、準夜勤明けに起こした自損事故で若くして他界(?)してしまったのだ。

 さて今世は貴族令嬢でウハウハ……かと思いきや、当主である祖父はいつも不機嫌で、領主の仕事は代官に任せきり。フロルと同じ熱病で両親はすでに亡く、跡継ぎの兄は社交界デビューに失敗してもう4年も部屋から出てこない。さらに長年の凶作で領地は干上がり、貴族としての体裁を保つことすら難しくなっていたのである。

 生活環境改善のため、フロルはアラサーの処世術と知識を使って行動し始めたのだが──

※カクヨムにも掲載しています。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました