8歳から始める魔法学~魔法を極めるのに忙しいから、悪役やめたいんだけど~

著者:上野夕陽

8歳のロイ・アヴェイラムは、悪名高い公爵の孫。親は彼に無関心で、子豚のように太り続けても注意ひとつしない。周りに恐れられながらも、優秀な兄と比較され、陰ではアヴェイラムの落ちこぼれと揶揄される始末。ある日の放課後、ロイが学校の廊下を歩いていると、曲がり角でクラスメイトの少年と勢いよくぶつかってしまい、奇妙なことに、その衝撃で21世紀の地球で大学生だった男の記憶が頭に浮かんでくる。記憶から知識を得たロイは、魔法を極めること、あとついでに悪役から降りることを決意する。しかしロイの悪役ぶりは板についていて、痩せて容姿が整ったことや思慮深さが加わったことで、周りからは余計に怖がられていくことに……

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました