倦怠期の妻と一緒にタイムスリップしたことを、僕はまだ知らない。

かつてどれだけ燃え盛った想いであっても、時の移ろいと共に鎮火していくもの。愛し結婚した妻と倦怠期真っ盛りな主人公、青山武は、どういう訳かタイムスリップを果たした。武は、高校生活を再び送りながら、同じ過ちを繰り返さないよう、心掛けていた。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました