苦学生の俺が金に目が眩んでグレー寄りの真っ黒の民間警備会社でアルバイトを初めたら、護衛対象の普通じゃない女の子達に囲まれるなんて聞いてない!

著者:白熊獣

父親が小学生の頃に蒸発して以来女手一つで俺を育ててくれた母親が、仕事中に骨折をして入院してしまってから収入源が全くなくなってしまった俺はアルバイトを探すことになるが、高校生の俺を雇ってくれて時給が良いなんて都合の良い事は無く、困っているところに俺が小さいころから家に父親の借金を取り立てに来ていた完全にカタギではない鬼頭さんにある仕事を紹介される。

その仕事というのは、鬼頭さんの所属する組の表向きの姿である民間警備会社でのアルバイトだったが、なぜかアルバイトをしていくうちに、『極道のお偉いさんの孫である極度の負けず嫌い美少女中学生』、『一億年に一人の超絶美少女腹黒アイドル』、『引っ込み思案な眼鏡っ娘美少女声優』とちょっと普通ではない美少女たちと仲良くなっていってしまう。

俺は美少女たちからの誘惑や攻撃に負けずにアルバイト中に起こる数々のアクシデントや危機から護衛対象の美少女たちを守り切って無事に給料を受け取れるのか!?

※この物語はフィクションです。法律関連でガバガバな点は多々ありますが、お許しください。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました