【短編版】窓際編集とバカにされ、妻に浮気されたその日から、双子JKと同居することになった〜新しい職場と美少女達が家で待つ幸せな新生活を送ってるので、今更有能編集だったと気付いて謝られても相手にしません

著者:茨木野

俺、岡谷(おかや) 光彦、29歳。
出版社に勤める編集者。

妻が浮気しているのを目撃した日、いきなり双子のJKが俺の家にやってきた。

「おじさん、今夜泊めてくれたら……えっちなことしてもいいよ♡」
「その……お願いします……あなたしか頼れる人がいないんです……」

見知らぬ女子高生たちに、だけどどこか見覚えのある、金髪ギャルの【あかり】と、黒髪清楚な【撫子】。

妻に浮気された俺は、それをきっかけに新しい出版社に転職し、二人の女子高生と奇妙な同棲生活が始まる。

積極的に俺を誘惑してくる妹のあかり、控えめだけど実はむっつりスケベな姉の撫子。
ふたりに癒されながら、俺は傷付いた心を癒していく……。

そんなある日、元嫁が謝罪してくる。さらに浮気相手が上司とともに、俺のもとに土下座しにきた。

俺が前の出版社で、実は有能だったのだと、気づいて謝りに来たらしい。

だがもう遅い。俺はホワイトな職場と、可愛いJKふたりとの新生活を楽しんでいるから。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました