パワハラのせいで生産系ギルドを抜け出した魔具師、王宮の魔法使いになる ~小さい頃に約束した少年は勇者様だったようです。運命の再会を果たした私は幸せのため、遠慮なく魔法をぶっぱなします~

幼く両親を失ったクロエは教会に預けられ育った。桃色の髪の所為で虐められていた彼女は、誰にも迷惑をかけず一人で生きていくため魔法の勉強を始める。
年月が経ち道具に魔法を付与する職業【魔具師】になったクロエは、大手生産系ギルドに就職することが出来た。ここから充実した毎日が始まる……と思いきや、待っていたのはパワハラ労働。
あまりに理不尽な要求を繰り返され、心身ともに病んでいた彼女は遂にギルドを抜け出してしまう。

途方に暮れる彼女は、幼少の頃に唯一仲が友人のユリウスと再会する。
実は第四王子で、しかも王家に伝わる聖剣に選ばれていた彼は勇者の称号を得ていた。
彼はクロエに言う。

「もしよければ僕の王宮で、僕の補佐として働かないかい?」

こうして王宮で働くことになったクロエ。
仕事では付与ばかりしていた彼女だったが、本当に得意なのは攻撃魔法だった。派手で豪快、乱暴なまでに高威力な魔法をぶっぱなす!

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました