幼馴染みであり恋人である彼女が事故で記憶がなくなり振られてしまったが後悔はしたくないので全力で支えたら告白された。

著者:社畜豚

ヘタレで怠け者、運動音痴で勉強もできない、友達も1人も居ないおちこぼれ高校生。
椎名水樹

だけど、たった一人だけそんなかれと一緒にいてくれる人がいた。
樋口真白
天真爛漫で誰とでも分け隔てなく接する事ができる。だから仲良くなれて友達もたくさんいる。俺とは違い陽キャの極みのような女の子。
椎名水樹の幼馴染であり、恋人だった。
しかし、彼女は事故に遭い、記憶喪失になってしまう。
記憶を無くした樋口真白に一方的に振られてしまうが、それでも後悔をしないをしないため彼女を支える事を決意し、再び彼女から告白されるまでの話。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました