【短編版】<セーブ&リセット>で俺は何度でもやり直せる~冤罪でダンジョン奥地に追放された先に待っていたのは、【難易度ぶっ壊れの死にゲー】でした~

「被告人キスカを殺害の容疑により、ダンジョン奥地に追放する」
 そう裁判官が告げた。
 キスカは冤罪により、転移陣でダンジョン奥地へと追放されることになった。

 キスカは人間を裏切った一族と同じ髪の色をしているということで、村では迫害されていた。
 果てには、村長の子供に好きな人を殺され、その罪をキスカがかぶることに。

 憎い。自分を貶めた村人たち全員この手で殺してやりたいほど憎い。

 そう思うが、スキルを持たず冒険者でもないキスカにとって、ダンジョン奥地に追放されるのは、死刑宣告と同様だった。

 だけど、
「助けてあげる」
 魔物に襲われ、自分の死を予感した瞬間、何者かがそう告げた。

「あなたにあげるスキルの名は〈セーブ&リセット〉」
 何者かによって、スキルを手に入れることができた。
 このスキルによって、キスカは魔物に殺されても、その直前まで時間を巻き戻る力を手に入れる。

 これで死を回避できるかに思われたが、それは地獄の始まりでしかなかった。

 これはなんの力も持たない男が、死に戻りの力だけで、最難関ダンジョンを踏破しようと、何度も死ぬ物語である。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました