超弩級チート悪役令嬢の華麗なる復讐譚

著者:みなと

思いつきシリーズその2。

目が覚めたらそこはゲームの中でした。

鏡で姿を確認するとあらびっくり!
推し悪役令嬢が鏡の中に…って自分だ。

流れ込んでくる悲鳴と悲壮な記憶。
許すまじ公式キャラ達。

さぁ皆様方、私の想いを受け取ってくださいませ。
やられたらやり返す。
やり返されないだなんて、どうして思ったのか不思議で仕方ないわ。
私なら許してくれる?いえいえ許しませんが?

実力主義なこの世界、超弩級チート悪役令嬢は華麗にゆきましょう。

皆様方、どうぞお席についてくださいませ。
あなた方の地獄はこれからです。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました