悪役令嬢の娘と嫌われ者の闇魔法使い

著者:ダイフク

悪役令嬢の娘として魔法学校に入学したリーナ。王太子からも公爵家の令息からも嫌われ、嫌がらせに耐える日々。
そんなある日リーナは恋に落ちる

「…ありがとうございます」

そう言ってはにかむ闇魔法使いの教師にストンっと心を射抜かれたのだ。

(どうしよう、わたし禁断の恋をしちゃったわ!)

そう慌てるリーナだったが普通にアタックしまくる日々。そんなリーナの行動が世界の運命を大きく替えてたりして…?

もう最後まで書いていますので安心して読んでください。数話で終わります。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました