領民0の土地を押し付けられた俺、生産スキルを駆使して最強国家を作り上げる

著者:未来人A

主人公、鳥島善治はクラスメイト全員と共に異世界に転移することになった。
転移させた神を名乗る存在は、クラス全員にそれぞれ領地をやるからそこの領主になれという。

神は、クラス全員に領地の情報が書かれている紙をランダムに配った。
その紙に書かれている領地を治めることになる。
善治が治めることになったのはSランクの最高領地。
一方クラスで1番の人気者、坂宮徹の治める土地は領民0の最低の領地であった。

持っている紙を交換すれば、治める領地も交換されるというルールがあり、坂宮徹は善治のSランクの土地を強引に取り上げる。
そして自分が持っていた領民0の土地の情報が書かれた紙を善治に押し付けた。

そのせいで、人っ子一人いない草原に飛ばされた善治。
物凄く苦労するが、神から貰った生産スキルの力を使い、徐々に生活を安定させていき、何もないところに領地を作り出していく。

最高の土地へと行った坂宮は、最初は悠々自適の生活を送るが、その領地にはとんでもない地雷があり……

領民0の土地を押し付けられた俺、生産スキルを駆使して最強国家を作り上げるのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました