才女のお世話 ~高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました~

 此花雛子(このはなひなこ)は正真正銘のお嬢様だった。
 実家の此花グループは総資産300兆円の財閥系企業。日本屈指の名門校に通う才色兼備な彼女は、一般市民である俺にとっては完全に高嶺の花だ。

 しかし、ある日。俺は彼女の正体を知ってしまう。
 此花雛子は表向き完璧なお嬢様だが、その実態は生活能力も常識も皆無な少女だった。

 ひょんなことから、そんなお嬢様の世話をしばらくすることになった俺は、いつの間にか彼女に気に入られ――。

「私、この人が欲しい」

 鶴の一声によって俺は此花家に拉致――ゴホン、住み込みで働くことになり。
 更にお嬢様のお世話係として、同じ名門校に通うことになってしまった。

 これは、富豪の子女たちが通う名門校にて、肩身の狭い思いをする庶民の物語。
 お世話係である俺の使命は――此花雛子の「完璧なお嬢様」という評価を、卒業まで守り抜くことだ。

(カクヨムでも公開しています)

才女のお世話 ~高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました