築山に昇る ~悪役令嬢に転生したと思ったら戦国時代でした!~

 転生したら徳川家康の正妻・築山殿だった。
 しかも築山殿は史実では家康と不仲で、最終的には誅殺されてしまう。

 ――織田信長、羽柴秀吉そして徳川家康。戦国の時代の寵児らに目掛けられ、そして狙われる身となる主人公。

 しかし主人公は、時代と運命に捉われはしなかった。

「……ふふふ、竹千代くん? その才覚を私に見せていただきましょうか」

 これは、傑物揃いの戦国武将と相対し、彼らの思惑から外れる奇手を打つ物語である。
 ※アイヌ民族とネイティブアメリカンが出てきます。

築山に昇る ~悪役令嬢に転生したと思ったら戦国時代でした!~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました