「魔王を倒した暁には褒美として我が娘をくれてやろう」と国王がほざいたせいで凱旋した勇者と結婚しなきゃいけなくなったがどうにか拒否したい

「魔王を倒した暁には、褒美として我が娘をくれてやろう!」
国王である父親がそう宣言して数年、魔王を倒して帰ってきた勇者の存在に私は心かき乱されていた。
戦いにしか能の無い者と結婚など絶対にしたくない。私は勇者を撃退するべく自分の手の及ぶもの全てに協力を要請する。
だが学園に現れた勇者は私達からの「教育」など意に介さず平然と過ごし続け…。

「魔王を倒した暁には褒美として我が娘をくれてやろう」と国王がほざいたせいで凱旋した勇者と結婚しなきゃいけなくなったがどうにか拒否したいのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました