落第剣士の剣術無双~無限地獄を突破した俺は、気付いたら最強になっていた~

著者:月島 秀一

 貧乏農家に生まれた落第剣士は、たった一日で全てを失った。突如出現した『妖魔』に家を襲われ、大切な家族を目の前で皆殺しにされたのだ。無力感と絶望感に包まれた彼は、父から託された家宝『時渡の刀(ときわたりのかたな)』を引き抜く。すると次の瞬間、刀身からまばゆい光が溢れ出し――気付いたときには、何もない真っ白な世界に立っていた。
「こ、ここは……?」呆然とする彼の前に現れたのは、『時の神』を名乗る謎の老剣士。「小僧。貴様がこの『無限地獄』を突破できたならば、一日だけ時を巻き戻してやろう」「ほ、本当か……!?」時間が一日巻き戻れば、家族を皆殺しにされた『悪夢の一日』を回避できる。
(もう一度みんなに会うためなら、なんだってやってやる……っ)
 落第剣士はその後、時の神が課す地獄のような修業を乗り越え――全てを斬り裂く斬撃で、無限地獄を突破した。
 これは剣術寺の落第剣士が極限の剣術で汚名を晴らし、世界にその名を轟かせる物語。

落第剣士の剣術無双~無限地獄を突破した俺は、気付いたら最強になっていた~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました