骸骨殿下の婚約者

 私が彼に会ったのは、九才の時。雨の降る町中だった。魔術師の家系に生まれて、魔力を持たない私はいらない子として、家族として扱われたことは一度もない。
 ――ね、君、僕の助手になる気ある?
 彼はそう言って、私に家と食事を与えてくれた。
 この時の私はまだ知らない。骸骨の姿をしたこの魔術師が、この国の王太子、稀代の魔術師と言われるその人だったとは。

骸骨殿下の婚約者のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました