養蜂家と蜜薬師の花嫁

養蜂で生計を立てる一家の十四番目の子として生まれたイヴァンは、家族からこき使われ、あくせく働く毎日であった。
そんな中で、山々で養蜂を営む一族の中年男が、自分の娘と結婚してくれと訴える。
そのときは甲斐性なしだからと断ったが、事態は思わぬ方向へと傾く。
ある事件をきっかけに家を出ることとなったイヴァンは、養蜂家の“娘”との結婚を決意する。
出会った娘は十九歳だというが、十四歳くらいの少女にしか見えなかった。
儚い印象の娘は、恐ろしく元気で、よく食べ、よく眠る健康優良児であった。
さらに、娘は蜜薬師と呼ばれ、蜂蜜を使った健康によい暮らしをもたらしてくれる。
苦労人だった養蜂家の青年と、童顔美少女の、蜜月新婚生活。※予約投稿しています。

養蜂家と蜜薬師の花嫁のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました