オタクな俺がポンコツ美少女JKを助けたら、お互いの家を行き来するような仲になりました

著者:木嶋隆太

ぼっちで陰キャな高校生作家の島崎治は、一人ファミレスで食事をしていた。その帰り、困り果てた様子の美少女に出会った。心配した島崎が声をかけると、彼女は財布を忘れてしまったようでその場で泣き出しそうな顔になる。奢るつもりで彼女の分まで支払うとその後、家に帰ればお金はあるからと言って、美少女の家まで連れていかれる。初めは気になる程度、段々とお互いに惹かれてあっていき――ゆっくりと、でも確実に二人は仲を深めていく。恋愛に関してポンコツな二人は周囲をやきもちさせながら少しずつ距離を縮めていく。

オタクな俺がポンコツ美少女JKを助けたら、お互いの家を行き来するような仲になりましたのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました