俺の友達のことが気になる、と言った隣の小悪魔ヒロインが、何故か俺にアプローチをしているような気がするんですが?

著者:緒方 桃

「ヒロインと友達の恋を応援するキューピッド」vs「何故か友達ではなく、キューピッドにアプローチをかける小悪魔ヒロイン」の甘い戦いが開幕!?

「君の友達の雪村くんって、好きな人いるの?」
高校二年の春、隣の席の美少女にそう話しかけられた日から、藤澤雅樂(うた)の平和な日常が歪んでしまった。

学年一モテる美少女、久住美唯(くすみみゆ)に、雅樂の親友の雪村颯人との恋を成就をお手伝いするように頼まれた雅樂は「いつかこの日が来るだろう」と覚悟していたので、躊躇うことなく了承する。
最初は二人を近づけるために、颯人から話しかけるように仕向けたりするのだが……、何故だろう。俺が得しているような?? ……てか俺の株を上げるな!バカ颯人!!
更には三人で下校をしてみるも、何故か美唯は二人の間を歩き出し……。
(違う違う、君が寄るべきはこっち(俺)じゃない!)
そしてある事がきっかけで、美唯と雅樂が付き合っていると噂され──???

※カクヨムにて別タイトルで投稿中。

俺の友達のことが気になる、と言った隣の小悪魔ヒロインが、何故か俺にアプローチをしているような気がするんですが?のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました