惨殺されて時戻りした令嬢は遁走する

著者:紫芋の瓶

あの日、婚約者に惨殺される瞬間、私は刻を戻した、誰からも愛されなかった少女が全てから逃げだす。

惨殺されて時戻りした令嬢は遁走するのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました