∽連環∽ – catenation –

著者:之 貫紀

アルダは、4歳の時、従魔師の職を得る前に、従魔を得た天才だった。
しかし、その従魔を家族扱いしてしまったために、従魔師の職業を得た後もまったく成長できなかった。
そんなアルダに、人生の転機が訪れる。
アルダンディルを継ぐ者とはなにか、アルタエルダのエレンターリとは一体。

これは、はからずも超越者になってしまったアルダが、世界の均衡をつかさどるものになる物語――

――ではなくて、しばらくは姫騎士と呼ばれる領主の娘の従騎士になったアルダが、自重をしないで彼女の力になる、緩いボーイミーツガールなお話です。

∽連環∽ – catenation -のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました