騎士団と嘘つき

著者:koma

「私も男だったら騎士になれたのかな」

辛い生活から抜け出すため、性別を偽って軍に入った孤児の少女リオ。
そうとは知らない貴族出身の少年ウィル。

軍学校で競い合ううち、深く心を通わせたふたりは、兄弟とまで呼ばれるようになっていた。
成長するにつれ、リオはウィルを意識し始めるけれど――。

「リオが大好きだ」
「ありがとう。僕も好きだよ」

ウィルの好きと、リオの好きは、すれ違っていく。

という軍属の少年たちのお話しです。

※アルファポリス様にも投稿しています。(小説家になろう様に先行して投稿しています)

騎士団と嘘つきのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました