あの日地球にダンジョンが出現した(~ニート × ファンタジーは最強です~)

著者:笠鳴小雨

♦2巻 2020/5/29 発売決定♦

主人公は突如として足元に現れた地下ダンジョンに落ちた。

それを始めとして世界各地でダンジョンが出現し、多くの報道がされ混乱が混乱を呼ぶ形となっていった。
そして、地球の約70億人すべての人間に順位(ランキング)が表示され、魔法やスキルなどの存在も確認され始め、さらなる混乱を招く事態となっていた。

そこで新たに台頭し、注目され始めたのが『ダンジョン冒険者』と呼ばれる魔法やスキルを駆使して魔獣を駆除する職業だ。

しかし、主人公はそんな世界の変化も知らずに、一人ダンジョンに籠り、探索を楽しんでいた。
否、地上に帰ることができずにずっと遊んでいたのだった。

その後、初ダンジョン踏破に成功した主人公は地上に戻ると、皆から口々に『ナンバー1冒険者』や『シングル冒険者』と呼ばれ始める。

様々なダンジョンに潜り、自分のモットーを貫き通す、そんな主人公の物語。

無事、第1章『第一ダンジョン攻略 編』第2章『帰還 編』第3章『東京 編』第4章『北海道奪還作戦決行 編』第5章『海底ダンジョン攻略 編』、第5.5章『シングル会議 編』が完結しました。
現在、最終章『D侵略防衛戦争 編』を更新中です。

あの日地球にダンジョンが出現した(~ニート × ファンタジーは最強です~)のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました