愛しているから仕方のない話

著者:榊どら

五歳の頃から厳しい教育を施され王妃になるべく育った公爵令嬢エリスは、あと一年で婚儀となった時、突然現れた男爵令嬢アリエスに婚約者である王太子を奪われてしまう。

「彼女を愛しているから仕方がない」

そう告げられたエリスは思った。
愛しているなら何をしてもよいの? 
それならば、わたくしはわたくしの愛の為に何をしても許されるわね?

エリスは禁忌の呪術により悪魔を召喚し、自分の愛を貫く為に契約を持ちかけた。

スーパーチート。
スーパーご都合主義。
スーパー溺愛。
スーパーテンプレ
ざまあ展開。

わたしの趣味で書いています。
地雷のある方は御自衛してください。
苦情等は一切受け付けていません。
よくある話を自分好みに書いてみました。
よくある話の最大級自分好みバージョンというやつです。同じ好みの方に楽しんで頂けたらとても嬉しいです。

では、上記注意で大丈夫な方、本編よろしくどうぞ(⌒▽⌒)

*誤字報告してくださった方有難うございました。
 お手数おかけしました。助かりました。

匿名でメッセージ送れるマシュマロしてますので、
暖かいお言葉を与えてあげようと言う暖かい方、
よかったらください(⌒▽⌒)
感想など頂けたらとても嬉しいです。
プロフィールにあります。
誹謗中傷は結構です。
いや、本当に結構です。゜(இωஇ゜)゜。
マシュマロが防いでくれると思いますが( ̄▽ ̄;)
宜しくお願いします。

愛しているから仕方のない話のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました