偽りの賢者は世界を欺く  ~無実の罪で辺境送り。最強の力を隠して成り上がる。あと、俺を嵌めた奴らは処す~

 史上最強と謳われる若き勇者と、最弱ながら類稀なる智謀を持つ親友の賢者。
 二人は共に魔王を討伐するもその帰路、勇者が魔族の残党に襲撃されて命を落としたとの報で国は騒然とした。
 戻ってきたのは賢者ただ一人。彼は魔族を手引きした罪で告発され、無実の罪で辺境送りに。
 巧妙に仕組まれた勇者暗殺の陰謀。
 それを知った彼は親友の遺産を秘密裏に回収して力を増し、ついに史上最強を越える力を手に入れた。
 自分たちを嵌めた連中を根こそぎ討つ。そして〝世界〟を相手に新たなる伝説を作るのだ――。

偽りの賢者は世界を欺く  ~無実の罪で辺境送り。最強の力を隠して成り上がる。あと、俺を嵌めた奴らは処す~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました