わしジジイ、齢六十を超えてから自らの天賦の才に気付く

スキルと呼ばれる特殊能力が発現する世界で、老人であるディルはある日突然力を得た。ただ残念なことに、それは老体では扱いに困るような戦闘に特化した能力だった。「わし、もういい年なんじゃけどなぁ……」 齢六十を超えた老人による遅すぎるセカンドライフが今、始まる。

わしジジイ、齢六十を超えてから自らの天賦の才に気付くのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました