紫の瞳を持つ私は、堅物クマ公爵のもとに嫁ぐことになりました

著者:猫なの

紫の瞳を持つ私は、母さんの言うことに従って、メガネや長い前髪で瞳の色を隠して暮らしていた。父さんはすでに死んでいて、病弱な弟と幼い妹のために、母さんと街の食堂で働いていた。そんなある日、母さんから、私は王族の血を引いており、紫の瞳は王族の色であると知らされる。私が公爵家に嫁げば、母さんや弟妹たちが楽な生活ができる。私は太った中年、堅物公爵のもとに嫁ぐことを決心したのだった。

紫の瞳を持つ私は、堅物クマ公爵のもとに嫁ぐことになりましたのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました