婚約破棄を宣告された公爵令嬢は猶予をもらった。

公爵令嬢ミリーナは王太子ケインから婚約破棄を言い渡された。
納得がいかない彼女は条件付きの婚約破棄を提案し、100日の猶予をもらった。

婚約破棄を宣告された公爵令嬢は猶予をもらった。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました