婚約破棄された追放聖女、エルフの里で溺愛される 〜精霊に愛される『加護』はエルフにも有効でした〜

「我が国にもはや聖女など不要。どこへなりとも行くが良い」

 突然の宣告だった。
 国民の不満が高まっていることは知っていた。
 聖女は国王、教皇に次ぐ大きな権力を持った肩書だった。
 実態の見えない『聖女』の肩書に不要な税が流れているという不満、そこにつけ込み、王家の人気取りのために私は捨てられた。

「私のこれまでの時間って……」

 10歳の時、適職診断で聖女認定されて依頼自由もなく何年も閉じ込めてきたくせに、今更追い出されるなんて……。

 最悪の王国を追放された聖女が、愛され幸せになっていく物語。

【プロローグまでです】

婚約破棄された追放聖女、エルフの里で溺愛される 〜精霊に愛される『加護』はエルフにも有効でした〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました