SNSで相互フォロワーのオタク友達が同じ学校の高嶺の花(美少女副会長)だった件

著者:葉加瀬

俺、黒木場 陸〈くろきば りく〉はガチオタクだ。

学校では陽キャを避けながらひっそりと過ごし、家ではゲーム漫画アニメと娯楽の限りを尽くす。
そんな生活を送っている。

ある時、ふとしたきっかけでいつもSNSで話している『ふぉっくす』さんとオフ会をすることになった。
勝手に相手を男だと勘違いしていた俺は、待ち合わせ場所のファミレスで驚愕する。

オフ会の相手は副会長である伏見 早織〈ふしみ さおり〉さんだったのだ。

才色兼備でクールビューティ、学校での人気も一二を争う彼女が隠れオタクという事実を知ってしまった俺は、伏見副会長の権力で学校に居られなくなるのも覚悟したのだけど……。

「私は伏見早織としても、黒木場さんと仲良くなりたいんですっ!」

……あれぇ?
なんか学校でもめちゃくちゃ絡むようになったんですけど……。
っていうか距離感が急に近すぎるような気がするんですけど……。

5/17 本編の進み具合にあらすじを合わせました。

6/5 日間ランキング6位ありがとうございます! とても嬉しいです!

SNSで相互フォロワーのオタク友達が同じ学校の高嶺の花(美少女副会長)だった件のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました