落ちこぼれ召喚士、実は最強勇者パーティのマスター

著者:九頭七尾

 召喚士を育成する学校に通う黒髪の少年ルーク。
 入学時には、過去最高の召喚士としての才能を示した彼だったが、半年で召喚できるようになった眷属は、最弱の魔物であるスライムだけ。そのため劣等生という烙印を押され、スライムマスターと周囲からからかわれていた。
 ――――だが、ルークは真の力を隠していた。
 実は勇者エリスとその最強パーティを丸ごと眷属としていたのだった…!

落ちこぼれ召喚士、実は最強勇者パーティのマスターのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました