十年前、当時9歳の女の子にプロポーズされた俺は「十年後も俺にそう言ってくれるなら、結婚しようかな。」と言ってしまった。その結果、その女の子に結婚を迫られ、同棲することになりました。

著者:あいがき

十年前に、9才の女の子、榛名屋澄香〈はるなやすみか〉にプロポーズされた15才の月見里海〈やまなしかい〉。

断って女の子を泣かすのも嫌だったので、

「十年後も俺にそう言ってくれるなら結婚しようかな。」

と適当に言った。

それから十年が過ぎ、ある日曜日の朝。

インターホンが鳴り、そこにいたのは見知らぬ銀髪美人だった。

十年前、当時9歳の女の子にプロポーズされた俺は「十年後も俺にそう言ってくれるなら、結婚しようかな。」と言ってしまった。その結果、その女の子に結婚を迫られ、同棲することになりました。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました