社畜をやめた俺ですが、無職では生きていけないので、現代に現れた迷宮で生活費を稼ごうと思います!

著者:願 望

はぁ~何が、客先から注文があった薬草を間違えて発注してただよ。
しかも、週明け納品なのに、今から頼んでも再来週納品になるだと、ふざけんな。

くそぉっ、しかも俺に尻拭いをさせやがって。

なぁにが、「君、戸夜嶋区に住んでるんだって?今日はこのまま上がっていいから、
明日、朝一から戸夜嶋迷宮で薬草を採ってきてよ!!」だと、本気殺すぞ。

大体、迷宮なんて一度も入ったことなんて無いってのに。
他の人は、そんなに気軽に迷宮に潜るもんなのか?。

俺が生まれた年に、迷宮が出来たって親に聞いた事があるから、
ちょうど30年になるはずなんだけど、俺・・まったく興味が無かったから全然知らないんだよな。
たしか大学の時に、サークルがあったのは覚えているんだけど。

まぁ、帰ったら、戸夜嶋迷宮で検索して今日中に終わらせよう。
さっさと終わらせて、久しぶりの日曜日、ゆっくりと休みたい。

社畜をやめた俺ですが、無職では生きていけないので、現代に現れた迷宮で生活費を稼ごうと思います!のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました